アニメ専門学校人気ランキングベスト20

アニメの専門学校は全区各地にたくさんあります。

資料請求をしたりホームページをみると自分がここに通ったらこういう学校生活を送ってアニメ業界で活躍できるなど、ついつい夢見がちになってしまいますが、アニメの専門学校と言っても色々あります。

そんな簡単に夢をつかめるような世界ではなくかなり厳しい世界になるので、後悔しないためには学校選びが大切です。

選ぶ時のポイント9つを抑えて失敗しない学校選びをしてみてください。

アニメ専門学校の選び方

自分の目で確かめる

今はネット社会なので、アニメの専門学校の情報は検索すればネットで見ることができますし、資料請求すれば家に届けてもらえます。

ですが、実際の資料やネットの情報と本当に一致しているのかどうかを見るためには実際に専門学校まで行くのがおすすめです。

アニメの専門学校だけに限らずどの学校もオープンキャンパスや説明会をされていると思います。

実際に足を運び学校の雰囲気であったり在校生や先生の様子を見ておくといいです。

実際に見た時に生徒さんや先生の熱意が少ないようであれば、その学校にいっても本気でアニメの仕事ができるような学校生活を送る可能性が低くなります。

できればオープンキャンパスでは先生、生徒みなさん張り切っているのは当たり前なので、オープンキャンパスではない平日を狙って行ってみる事をおすすめします。

クチコミを参考にしすぎない

アニメの専門学校に限らずネットで学校のクチコミ検索をすれば、どんな学校なのかという声を見ることができますが、それをそのまま鵜呑みにしてしまうのは良くないです。

クチコミというのは投稿した人が感じた個人の感想で、学校の悪口などは個人の感想に過ぎないということです。

私たち人はいい情報よりも悪い情報の方が入りやすいですし、悪い情報であればある騒ぎ立てる事が多いですが全て本当の事だとは限りません。

例えば全く結果がでなかったとうクチコミがあったとしてもそれはその人本人のやる気がなかったのかもしれないという事なので、あくまで参考程度にしておくのがおすすめです。

通学について考える

実際に入学した時の事を考える通学をどうするのかを考えて選ばなくては行けません。

通学時間がながければ長いほど、いい学校に入れたとしても通い続けるのが苦痛になります。

またアニメの専門学校な入学すればかなりたくさんの課題をこなさなくてはいけません。

何時間もかかるような学校を選んでしまうと学校生活が圧迫されてしまうことになりかねないので、今実家に住んでいる方は通いたい専門学校が遠くなら一人暮らしを検討したほうがいいです。

学校設備をチェック

設備なんてと思うかもしれませんが、アニメの専門学校の場合、学校によってかなり差があります。

PCのスペックや自習室の使い勝手、教室の広さなどその学校によって様々です。

設備が整っている学校になればなるほど授業料が高くなるため、その辺も考慮しなければいけません。

原画を目指すのか、脚本なのかなど目指したいものによっても設備が変わってくるので、チェックしておいて損はないです。

先生の態度を見る

オープンキャンパスもしくは説明会に行くとほとんどの先生は感じのいい対応をしてくれますが、それは仕事だからということがあります。

学校に入学すれば深く関わることが増え、相性の良し悪しが見えてきます。

これを見逃さないためには先生に質問することでよく分かる事が多く、魅力のある先生や尊敬できる先生が多い学校を選ぶと失敗がありません。

実力と実績を兼ね揃えている事と、教えるのが上手なのでは違うので、知名度だけで判断しないように気をつけたください。

退学率を把握する

これもアニメの専門学校により違いますが、退学率というのがどの学校にもあります。

退学理由は人それぞれですが、退学率が高い学校はおすすめできません。

アニメの専門学校に通い続けても規模の仕事には繋がらない、学費が払えない、授業についていけないなどの理由が多いです。

自分は他の人とは違う、どれだけ厳しくてもやり遂げられると思っているかもしれませんが、退学した人も初めは同じように思っていた方が多いはずです。

それにもかかわらず退学という選択をした人はそれなりの理由があるはずなので、どの学校も退学率だけは把握しておくといいです。

卒業した後の進路

アニメの専門学校に通う人のほとんどはアニメを勉強するためではなく、その後働くためで卒業後の進路はとても大切なチェックポイントになります。

そこで注目するのが就職率ですが、100%近い就職率があったと安心してはいけません。

これはアニメ業界とは全然違うジャンルに就職したいたり、正社員では無いかもしれないということです。

実際に学校を卒業した人たちが就職先に納得しているかというのは全くの別問題になるため、就職を目の前にした時自分で勝ち取らなくてはいけないので、学校の傾向を知っておくといいですよ。

学校のカリキュラム

カリキュラムは希望の仕事には就くための就職や活躍に繋がるかどうかというのはとても大切なことです。

ですが、アニメの世界はアニメーターは別ですが、脚本や漫画などは狭き門になり、頑張ったからといってなれるものではありません。

もしなりたい職業が無理だった時、ほかの仕事に就きやすくするための資格など取る事がでかるのかも見ておくべきポイントです。

アニメの専門学校はプログラムやデザインなどの資格が多く取れることをアピールしている学校が多いですが、資格に関しては質より量になります。

本当に資格をとる価値があるのかどうかも調べなければいけませんし、無意味だったら受講料や受験料ばかり払って役に立たない資格ばかり増えるということになりかねません。

学費について

アニメの専門学校を退学する理由で1番多いの言われているのがお金が払えなくなるということです。

入学金だけでなく授業料など卒業するまでにどれぐらい払い続けなければいけないのかを調べておく必要があります。

2年制の学校の場合授業料はら300万ぐらいですがそれ以外も考慮して教材やコンクールに出店する参加費や手数料なも請求されることもあります。

それにプラスして通学するのであればそのお金も必要ですし、一人暮らしをするのであれば生活費もかかります。

奨学金などもありますが、これは借金と変わりません。

必ず返さなければいけないお金ですが、アニメ関係の仕事に就いたとしたも、かなり才能がない限り給料はとても安いので気をつけてください。

まとめ

アニメの専門学校は資料やホームページをみると華やかなで、実際に入学した後の事も考えると未来が見えそうな気がしますが、学校によって何もかも全て違います。

後悔しないようにするために学校選びのポイントを抑えながらしっかり判断することが大切です。

アニメーターになりたいのでアニメの専門学校への進学を希望!そんな人はオープンキャンパスを利用しよう!

今の世の中、人気職業の1つになったのがアニメーターです。

アニメを制作するには欠かせない仕事です。

なのでこれを目指したいという若い人も年々増加していますね。

そしてこのアニメーターを育てるための専門学校も、増加傾向にあります。

どう選んだらいいのでしょう。

アニメの専門学校って

アニメーターになりたい、そう思った時にまずどうすればいいのか、ほとんどの人はここからの出発になります。

特に、絵を描くことは好きだけど自己流だし、しっかりとデッサンなんてやったことがないし、などの場合いきなり会社に行っても採用されるか心配ですね。

なので少しでも、経験を積んでおことう言う人や、大体アニメーターの仕事って具体的にはどんな感じなのか知りたい人は、専門学校で学ぶのがおすすめです。

特に高校卒業時の場合、アニメの仕事をしたいという願望があっても自信がない、そういった時には専門学校でテクニックや仕事内容を学ぶのが早道です。

大学で美術を学んで、と言う手もありますが流石に時間もかかりますし、お金もかかります。

だったら即戦力を育てる専門学校のほうが、時間も短くテクニックの早く身につきますね。

全日制なら2年間で卒業できるのが、専門学校の特徴です。

卒業時には専門士の資格が取れますので、履歴書にも明記することが可能です。

アニメの専門学校を選ぶ時に

専門学校でアニメーターを目指す人の殆どが、業界についてあまり縁がない、つてがないという人が多いのです。

高校在学時にもですが、すでに社会人で業界に縁のある場合にはそれなりに仕事の見当もつきますし、会社へのつても得ることが出来ます。

しかしアニメの仕事をしたいという情熱だけ先行した場合、やはりこのつてを作る事と、仕事内容についての知識を得ることが先決です。

なので専門学校への入学が多くなりますね。

またアニメの仕事というのは、独立した仕事ではなく他の仕事と密接に関わってくる特殊な仕事です。

その流れを学ぶためにも、専門学校は役立ってくれるのです。

この専門学校をどう選ぶか、何よりも大都市には多くのアニメの専門学校があるので、迷ってしまうのは仕方ないことです。

ただ専門学校も結構学費がかかるのは事実です。

自分で出すにも、親に出してもらうにもその点に注目して、いい学校を選びたいものです。

あまり業界に縁のない人は、ネットで口コミなどググるのが情報が面倒なく得られる方法です。

でも賛否両論、同じ学校でもかなり分かれますので、逆に迷ってしまうったりもします。

そこでおすすめなのが、オープンキャンパスです。

オープンキャンパスって何

今では専門学校の多くが、このオープンキャンパスを開催しています。

学校の雰囲気など掴むには最適の催し物です。

オープンキャンパスって無料なの

オープンキャンパスに関しては、無料での学校開放です。

指定された日は学内に自由に立ち入りができて、見て回ることが可能です。

ただ人気の学校の場合、予約が必要になることもあります。

予め予約を入れて、人数制限しているところもあるので注意して下さい。

オープンキャンパスでの見どころは

もちろん学校の雰囲気などまず確認したいところです。

学内がきれいに清掃されているかとか、トイレが清潔かとかの日常的なポイントのチェックしておきましょう。

姑的チェックですが、こうした点がしっかりとされている学校なら、授業に関してもしっかりしたものが用意されていると思って正解です。

また施設や設備もです。

アニメ制作の実技などの設備がしっかりとしているか、最新のものが導入されているかも要チェックですね。

また体験授業をしてくれる学校もあるので、しっかりと受けておくことをおすすめします。

授業内容をある程度知っておく、経験者の言葉を聞くのは、大事です。

オープンキャンパスは他にメリットがあるの

様々な体験などできるメリットの多いオープンキャンパスですが、学校によってはこれらに加えてのメリットを用意しているところもあります。

遠方から参加の高校生やその付添の親に交通費の援助、もその1つです。

これはありがたいシステムなので、ぜひ利用したいですね。

体験授業についてもオープンキャンパスの時期によって変化があります。

自分の受けてみたい授業の時を狙ってみて下さい。

生の声を聞いてみよう

オープンキャンパス参加というのは多くのメリットがあります。

その中でも最も大きなメリットは、在学生との交流ができるということです。

現在学校で授業を受けている人と話ができるのは、最高の口コミが得られるということです。

特にアニメの場合、どういった授業内容なのか確認が必要です。

イラストでも漫画でもなく、あくまでアニメの制作です。

どうもいまいち授業内容がどういったものかつかめない、と言う人は在学生の意見を聞いておきましょう。

初対面であれこれ聞くのは恥ずかしい、と思うかもしれませんが大事な情報源になってくれるのが、在学生です。

勇気を出して話しかけてみて下さい。

まとめ

アニメというのはそれだけでは成り立たない仕事です。

アニメだけ流せばいいというわけではありません。

そうした点も踏まえると、仕事の流れなど掴むには専門学校で学ぶのがおすすめです。

そしてその専門学校を選ぶ時に利用したいのが、オープンキャンパスです。

うまく利用していって下さい。

アニメの専門学校に通って就職する5つのメリットとは?

アニメに関わる仕事をしたいときには専門学校のアニメ学科などに通って就職するのが良いという話を聞いたことがある人もいるでしょう。

アニメの専門学校に通うと就職する上でどのような点が有利になるのでしょうか。

アニメの専門学校を卒業すると選べる仕事が多い

アニメの専門学校で学ぶことにより仕事の選択肢を増やすことができます。

どのような仕事を候補にできるようになるのかを確認しておきましょう。

アニメやゲームの業界が基本

アニメの専門学校に通うことで選べる仕事はアニメ業界やゲーム業界のものが基本です。

キャラクターをアニメーションで動かすことによる映像作品を作る現場で活躍できます。

最近では動画制作会社でも需要が高くなっているので活躍の場が広がってきています。

職種は幅広い

実際に選べる職種としてよくイメージされているのはアニメーターです。

イラストレーターやCGクリエイターなどと協力して、動きを生み出すアニメーターは花形の職種の一つでしょう。

ただ、アニメの専門学校で学ぶことで目指せる職種は他にもあります。

監督や美術、背景、音響といった担当者もアニメを作り上げる上では欠かせない人材です。

アニメの専門学校ではコースによって美術や音響なども学べるようになっていて就職のときに活かすことができます。

専門学校から就職するメリット

このように専門学校で学ぶとアニメ業界の色々な職種に就ける可能性が生まれますが、独学でスキルを身につけて就職することもできます。

独学に比べて専門学校に通うのにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

学歴が手に入る

専門学校に通うと学歴が手に入るのがまず挙げられるメリットです。

就職のときには履歴書を提出して書類選考を受けることになりますが、その時点で魅力がないと判断されると面接を受けることすらできません。

アニメの専門学校に通っている、あるいは卒業したのであれば戦力になる可能性が高いと考えてもらえるため、書類選考で有利な立場に立てるのです。

応募先のアニメ会社やゲーム会社に同じ学校の卒業生がいれば具体的にどんなことを学んでいるかを会社側もわかります。

その情報を加味して必要な能力を持っている人材だと考えられたら採用に前向きな姿勢で面接をしてもらえるでしょう。

就職サポートを受けられる

就職しようとしたときにサポートを受けられるのも専門学校に通うメリットです。

専門学校では学生たちを専門職に就職させるのを目的として運営されています。

独自にアニメ会社やゲーム会社などと連絡を取って求人を手に入れ、学生に紹介している専門学校もあります。

興味やこだわりに応じてどの会社への就職を目指したら良いかを一緒に考えてくれる学校も少なくありません。

履歴書の作成や面接の準備なども手伝ってもらえることが多いため、就職活動に不安がある人にもおすすめです。

卒業後も悩みを相談できる

専門学校では卒業生のサポートも行っているのもメリットです。

就職のサポートを受けて無事にアニメ会社で希望の職種で働けるようになっても不満が生じてしまうこともあるでしょう。

想像していたのとは仕事の内容が違ったり、職場に入ってから当初の予定とは違う仕事を任されたりしてしまうケースもあります。

そのようなときの相談窓口として自分が卒業した専門学校を活用することができます。

転職や再就職をしたいときにもサポートしてもらえるのは魅力でしょう。

不足しているスキルを学びに戻れる

アニメの専門学校を卒業して就職すると、現場でスキル不足に気づいたときに学びに戻れるメリットもあります。

特定のスキルの習得を目的としたカリキュラムを本コースとは別に用意しているところもあるのです。

優秀な人材を輩出するだけでなく、その人材にしっかりと活躍してもらうことが専門学校にとっては重要です。

もっと学んで活躍できるようになりたい人をサポートする目的でこのような短期カリキュラムを用意しています。

全ての専門学校で対応しているわけではないので、卒業後のスキルアップにも専門学校を利用したいなら専門学校を選ぶポイントの一つとして考慮するようにしましょう。

人脈を広げられる

アニメの専門学校に通うメリットとしてもう一つ忘れてはならないのが人脈を広げられることです。

同じようにアニメやゲームの業界で働きたいと考えている仲間が大勢集まっているのが専門学校の特徴です。

講義や実技指導などを受けているときにコミュニケーションを取る機会もたくさんあり、同じ業界で働く同世代の人たちとのつながりができます。

就職してからも悩みを相談したり、会社を作るメンバーを募ったりするなど、様々なシーンで役に立つ人脈になるでしょう。

まとめ

アニメの専門学校に通うと就職するのに有利な立場になれるだけでなく、就職後も専門学校のサービスや培ってきた人脈を活用できるメリットがあります。

アニメやゲームの業界に興味を持っているなら専門学校で学ぶことを検討しましょう。

学費が安いと評判のアニメ専門学校 東京アニメーター学院の特徴

アニメの専門学校として運営されていた学校で、入学するにあたり色々気になることはあると思いますが、気になるランキング上位にあるのは学費だと思います。

学費が安くてもしっかり勉強できるか、実績はどうなのかきになる所をチェックしていきます。

東京アニメーター学院の特徴

基礎をしっかり勉強できる

プロの声優の方でもよく口にされることがありますが、基礎がしっかりできている方と仕事がしたいというのが本音のようです。

基礎さえしっかりしていれば応用にも融通が効きやすくなります。

アニメ専門学校でも基礎をしっかり勉強できるところはありますが、東京アニメーター学院ではしっかり基礎を勉強できるような環境が整っています。

アニメの仕事につくために必要な作画力は一番大切だと言われていますが、その他にも風景や人物のデッサンなど絵を書くための基礎をしっかりやしないながら描写表現も勉強することができます。

また遠近感をだすための美術設定や透視図法などもも学べます。

教えてくれる講師の方も現役の声優さんやアニメ中核をされている現役のアニメーターの方が担当されているので、最新の技術だけでなく知識も得ることができます。

設備が充実している

設備や施設の充実度合いはその学校により天と地の差ほど差がありますが、東京アニメーター学院はそこがしっかり充実しています。

プロの収録で使われるような機材を導入している専用のスタジオがあったり、そこでアフレコ実習をすることかできるので、現役のプロと同じような体験もできるような設備があります。

またアニメのアテレコであったり吹き替え、そしてヴォーカル収録までできるスタジオもありたます。

こういった体験を在学中にしておけば、実際の現場に出た時に慣れてない環境で仕事をすることがたくなるこで、渾身の力を発揮しやすいです。

カリキュラムが専門的

3つ目の特徴として基礎はもちろん専門的なカリキュラムもら組み込まれているという特徴があります。

ナレーションであったり現場研修など色んなカリキュラムがあります。

ナレーションではテレビやラジオ、CM、ナレーターなど役に立つような事から原稿を読みやすくする技術や言葉で伝えるための技術を勉強できます。

またオリジナルアニメを作るための制作工程を勉強でき、原作からシナリオ、演出、動画、背景から撮影や編集まで一通り勉強し、最終的に作品を1つ完成させます。

こういった流れを勉強できるためのカリキュラムがあるのは知識や経験、就職にも役立つので、アニメ専門学校をさがしているならここがおすすめです。

オーディションでチャンスを掴める

これは他のアニメ専門学校でもありますが、東京アニメーター学院も同じように校内オーディションがあり、在学生のみ対象の所属オーディションや仕事のオーディションなど多数開催されています。

アニメやナレーションの他にと色んな仕事のオーディションがあるので、在学生ながらプロの現場に出るチャンスを掴めます。

もしオーディションに合格すればアニメ、ゲームなどに参加することもできますし、第2原画といって演出や監督の指示に合わせてラフ原画を書き直す作業を経験でき、これは本当のアニメ制作会社からの依頼でされている、プロのアニメーターの仕事と同じです。

そしてこういった実績が将来創業した後に有利になってきます。

また学校宛にきているアニメ制作会社からの求人も公開されており、もし就職したい会社があれば、担当の先生と相談して準備を協力し行うことも可能です。

これまでに作った作品の添付から履歴書の書き方、面接に向けてのアドバイスもしっかり対応してくれます。

学費はいくら?

東京アニメーター学院は学費が安いというクチコミを多々目にすると思いますが、どれぐらい安いのかわからないと思います。

2年間の合計は190万はどになり、他の専門学校は安くても230万~になっているので、安くていいアニメ専門学校を探しているならおすすめです。

もちろんこれだけだなく研修費や卒業諸費などは必要になるので、覚えておいたほうがいいです。

1年次、2年次の学費に関しては全額納入もできますが、前期と後期に分けて納入することもできます。

卒業の活躍は?

実際ここを卒業された方がどういった活躍をしているのか気になるところです。

実際にアニメーターとして数多くのプロを輩出されておりのが現状で、なかなかアニメの世界で生き残るのは難しいと言われていますが、第一線で活躍されている方も多いそうです。

プロのアニメーターが一人一人丁寧に絵の指導もしてくれるので、より実践的な環境での授業なので技術が向上するので卒業しても活躍されている方が多いようです。

まとめ

東京アニメーター学院はアニメ専門学校の中でも数多くのプロを輩出しています。

専門学校によっても設備など全然違いますが、カリキュラムもしっかりしていて基礎もしっかり勉強できるのに学費が安いので、アニメ専門学校を探している方はこちらの学校がおすすめです。

アニメの作り手としての技術を安心して学べる専門学校の選び方

日本のアニメーションは、優れた作画技術やストーリー性の豊かさが世界的な評価として定着しています。

アニメの本場である日本国内には、作り手としてアニメの仕事に携わりたいと考える人も多くいます。

アニメの専門学校に通学を考える人もいますが、実際に通うとなると様々な不安もあるでしょう。

アニメの専門学校の実態について、入学前によく調べておくことが安心感につながります。

アニメの専門学校の特徴

アニメの専門学校は、アニメ制作に関連する様々なスキルを取得する場所です。

アニメ制作は、様々な技術を持つ人が集まり、協力することで完成に向かいます。

作画に携わる人もいれば、管理や演出を担当する人もいます。

キャラクターに声を吹き込む声優もいます。

キャラクター作りに自分の技術を活かす人もいれば、制作全般に関わる場合もあります。

デジタル技術を取得することも大切です。

アニメ制作は多様な役割に分担されており、まず自分がどのような関わり方をしたいのかについてはっきりさせておく必要があります。

将来像が具体的になった時点で、その技術を学ぶためにふさわしい、自分に合った学校を選択することが適切です。

専門学校の中身を知る最も基本的な資料

各専門学校の情報を知るために、まず参考にするのはホームページや入学パンフレットです。

その専門学校のサービスや特徴について記載しているため、基本的に重要な情報を知ることができます。

具体的な学科、カリキュラム内容、指導方針、担当講師、将来の職業、就職先などのデータを知る上で役立ちます。

また、多くの学校で在籍生や卒業生の声も掲載されているので、アニメの専門学校の授業形態、講師との関わり、卒業後の進路など、口コミの一つとして参考になります。

但し、各学校のホームページや入学パンフレットは、その学校自体が作成したものです。

生徒募集のために利用するものですから、ポジティブな情報が掲載されているのはある意味当然です。

大切なことは総合判断であり、ネガティブな情報も含めて各学校の実態を知っておくことが重要です。

高校の担任に卒業生を紹介してもらう

専門学校を選ぶ際には、在校生や卒業生の生の声を聞くことはとても参考になります。

特に卒業生の場合はすでにその学校から離れている人です。

より冷静な形で振り返って、良い面も悪い面も含めた総合的な感想が聞ける可能性があります。

問題になるのは、そういった在校生や卒業生を紹介してもらう機会の作り方です。

各学校のオープンキャンパスを利用すれば、在校生と直接話をする機会ができる場合があります。

但し、その学校が主催するオープンキャンパスであるため、ネガティブな意見が出にくい状況であることにも注意が必要です。

高校生であれば、学校の担任に相談して、アニメの専門学校に入学した卒業生がいないかどうかを聞いてみるのもおすすめです。

卒業生がいれば、話を聞くチャンスが作れる可能性もあります。

いったん大学生や社会人になって、改めてアニメの専門学校に通いたいと思う人でも、悩む場合は卒業した高校のかつての担任に相談してみるといいでしょう。

SNSでアニメの専門学校の関連投稿をチェック

アニメの専門学校の入学者は数が限られており、高校の担任に相談してもそのような卒業生が見つかるかどうかは不透明です。

口コミを探すのであれば、ツイッターなどのSNSで検索機能を使って、自分が希望する専門学校に対する投稿をチェックしてみるのもいいでしょう。

著名な専門学校であれば、関連するツイートが発見できる可能性はあります。

もちろん宣伝投稿のようなものではなく、在籍生や卒業生の生の声として投稿されているものを確認することが大切です。

情報の信頼度はしっかり吟味する

SNS上の投稿は、もちろん素直な感想のものもありますが、中には中傷目的で発信している人も存在します。

あえてネガティブな投稿をすることで、注目を集めようとする人もいるため、そこで発信された情報の信頼性については吟味することが必要です。

投稿者が信頼できる人かどうかを確かめることが大切です。

その人が行った過去の投稿を見れば、ある程度信頼性についても判断が可能です。

アニメの専門学校の口コミを掲載しているサイトを参考にする

口コミを探す手段としては、アニメの専門学校の口コミを掲載しているサイトを利用する方法もあります。

例えば、「アニスク」という比較サイトは、 アニメの専門学校の口コミや比較を掲載しているサイトです。

その学校の評判やオープンキャンパスの感想など、ちょっとした声も聞けるため参考になるでしょう。

各専門学校の特徴を比較して、それぞれを評価している点も興味深いです。

もちろん専門学校の評価は個人によっても違いがあり、一般的に評価が高くても自分に合うかどうかはわからない面もあります。

評価はあくまで一つの参考として捉え、その情報ですべてを判断するのではなく、自分なりに様々なデータを調べてみることが重要です。

最後はオープンキャンパスや体験学習などを通じて、実体験をもとに自分で決定することが必要です。

まとめ

アニメーションの仕事に携わる夢を実現するためには、しっかりした技術を身につけることが必要であり、どこで学ぶかは重要です。

希望するアニメの専門学校の卒業後の進路状況についても、可能な限りよく調べておくことが大切です。

納得して入学すれば後は信頼し、夢に向かって努力することが大切です。

延々と繰り返される悩みと疑問!アニメの専門学校って行ったほうが良いのそれとも?

専門学校というジャンルに進学という点で、何時もネックになるのが専門学校って行ったほうが良いか行かないほうが良いか、です。

特に漫画とかアニメの場合、特殊技能の必要な職業なので、ここが大きく意見が分かれます。

アニメーターになりたい場合、アニメの専門学校行ったほうが良いのでしょうか。

アニメの専門学校とは

その名の通り、アニメーション関係の仕事に就きたい人が学べる学校です。

専門学校と名前がついていれば認可校なので、学割とかも使えます。

また学歴にも記すことが出来ます。

なので、アニメという特殊な仕事のための学校でも、専門学校であればそれなりに履歴書にも学歴が明記できるのです。

アニメを将来作っていきたい、でも何から始めて良いかわからないなどと言う場合には、アニメの専門学校に入って学ぶという手段もあるのです。

しかしこれについては賛成派反対派の意見が、大分かれするところでもあります。

漫画やアニメの専門学校の場合、いわゆる国家資格の取れる技術ではありません。

看護師や理容師の専門学校なら、卒業時に国家資格が取れます。

その専門職に就くことが出来ますし、多くの求人もあります。

しかし漫画やアニメ、特にアニメの場合そのあたりが大きなネックになってくるのも事実です。

アニメの専門学校反対派

実際に入ってみて絶望した、と言う人が反対派になっていることが多いですね。

資格は取れないし潰しが効かない

国家資格とは縁のないのが、アニメの専門学校です。

特に国家資格なんて必要ない、と思うでしょうが将来のためにはこれ、取れるほうがいいのは言うまでもありません。

大学なら専門に関わらず、大卒という学歴が出来ます。

漫画などの学科でも、大学卒業できれば学士になるわけです。

でもアニメの専門学校だと資格もないし、しかも潰しが効かないのですね。

アニメ業界以外の、他の仕事に就きづらいということです。

アニメ専門の雑誌などに就職できれば、かなりいいほうです。

確実にアニメの仕事に就職できるわけではない

これはどこの専門学校でも大学でも同じことです。

専門に学んだ職業に、就けるかどうかはわかりません。

でもアニメの場合専門学校での斡旋が、あまり良くないもしくは多くないという声が多いのです。

また求人が運良く見つかっても、結構仕事が大変なアニメ業界であること、忘れないようにしたいですね。

アニメの専門学校賛成派

反対派も多いのですが、賛成派ももちろん存在します。

アニメの仕事をしたいけど何から始めたら

憧れてはいるけど、どうやったら実際にアニメーターになれるのか、アニメ関係の職に就けるのかわからない、と言う人ですね。

こうした人の場合専門学校に入ってよかったと言う意見もあります。

これだけは知っておいたほうが良いというような情報とか、専門用語、基礎の画力などの底上げ、そういった授業で先が見えたという人もいるのです。

アニメ関係の情報をよく知らない人

アニメというもの、日常的にテレビに流れていたりネットで見ることが出来ます。

でも実際にアニメ制作はどうやるのかとか、今のアニメの制作の状況は、必要なテクニックはなどの情報は、意外と知られていません。

ネットで調べればある程度は分かるものの、近場にそうした情報をくれる人や情報源がない場合、アニメの専門学校で実際に学んでみることがおすすめです。

卒業後の就職についても、ある程度のオファーは用意してくれます。

在学中に顔つなぎを

在学中にアニメ業界の人が学校に出入りすることは結構あります。

そこで運良く顔つなぎができれば、その後の就職や仕事のオファーにもつながってきます。

学校を授業だけの場でなく、こうした顔つなぎや売出しの場と考えると、専門学校での2年間が実り多いのもになります。

結果は自分次第ではある

実際にアニメの専門学校に言った人の場合、周囲の人の動きの速さに驚かされたという人もいます。

すでに1年目で、ある程度就職の目安を付けてしまう人が多い、というのです。

特にアニメなどの特殊業界の場合、待っているだけでは仕事は来ません。

自分でゲットすることが必要です。

なので、のんびりと2年過ごしていただけでは、専門学校になよったのは無駄だったと言う結果になることもあるのです。

こうした学校の場合、単に学ぶだけの場として考えるのではなく、ある程度自分を売りだす場として考えることも必要なのです。

また学校自体を、出会いの場として使うことも必要ですね。

業界の人間との顔つなぎや、在学中にある程度の仕事の目安をつけるための場、としても利用したいものです。

自分から積極的に、単に勉強する場ではなく将来を構築する場として、専門学校を利用してください。

そうしれば、決して2年が無駄だったということにはならないのです。

まとめ

アニメの専門学校、2年間で結構授業料や学費もかかります。

普通の中学高校の気分で、授業だけ受けていると2年が無駄にということになりかねません。

自分から進んで運を呼び寄せるなどの努力も必要だと思えておいて下さい。

そうすれば2年間とその授業料、決して無駄にはなりません。

中部地方でアニメ専門学校に行くなら愛知県の学校がおすすめ 人気の学校4つ

アニメの専門学校に通いたいと思っても全国各地にある学校からどこを選べばいいのか悩む方も多いと思います。

そこで今回は中部地方の愛知県に焦点を置いておすすめの専門学校を紹介していくので、参考にしてみてください。

愛知県でおすすめのアニメ専門学校

名古屋デザイナー学院

この学校では入学して半年間は基礎をしっかり身につける事ができます。

その上で動画や原画などアニメーターとして活躍するために必要なスキルを習得することができ、初心者でも安心して始めることができます。

またアニメ制作ソフトであらTVPaintも導入しており、業界最先端の技術を身につけることができます。

実績型教育プログラムも用意されており、現役のアニメーターから色々学べることはもちろん、CG実習室やスタジオなど現場と同じような環境で勉強できるので、実践力と現場力を身につけることができます。

高いスキルを武器にアニメーターや仕上げ、制作進行としてスタジオでたくさんのほ卒業生が活躍されていますし、活躍の場は映像業界など幅広い分野に渡っています。

アニメーション学科の施設や設備は制作現場と同じ仕様になっているスタジオがあり、放課後や土日は教室を解放しているので、自由に利用することができます。

スタジオや3DCJ実習室、など最新設備が完備されているのでそれだけでも充実しているのがわかりますし、授業以外にも好きなことに没頭することができます。

制度としては学生の方が一人一人夢を叶えるための就職・デビューサポートをされており、就職担当と学科担任が一人一人にぴったりの会社を紹介してくれます。

憧れの業界の方や企業と直接話が出来たり、直接学生をスカウトするオーディションなど2年間で真剣に取り組んでいます。

HAL名古屋

画力だけではなく、プロになれないアニメやイラスト業界業界ですが、こちらの学科では業界の強力はバックアップがある専門学校だからこそ、プロのアニメメーターやイラストレーターと同じ環境で勉強でき、希望の就職へと導いてくれます。

即戦力のアニメーターやイラストレーターになるためには普通の授業では間に合わないので、業界のプロが直接指導するスベシャルゼミを実施されています。

業界のトップが続々と来校する予定も組んでいるアニメの専門学校です。

また今はアニメメーターやイラストレーターなどの制作環境はデジタル化している事が多いです。

学校ではアニメやイラストに必要なデザインソフトの他にも実際の現場に合わせた最先端のソフトやハードを校内に完備しています。

卒業した後には世界的なクリエイターを編み出しているHALパリ校への留学もできるので、活躍の場を広げることができます。

また2年前には愛知県警と合同プロジェクトとして警察官採用の広報アニメーションの制作もされており、これは全国でも初めての試みだそうです。

愛知県本部で開催された表彰式にも参加しており、新聞の取材が入るなど力を入れている専門学校を探しているならおすすめです。

名古屋モード学園

ここは最新設備と施設の中で本物の技術を身につけることができる専門学校として有名で、業界直結のカリキュラムを組むことで、より実践的な知識と技術を身につけることができるのでおすすめです。

各授業を教えてくれる講師の方は業界の第一線で活躍している専門的な方ばかりで、ハイクオリティな授業内容を受けることが出来るので、現場で通用する技術を身につけることができます。

また毎年5人ほど世界一の方が来校し、特別授業もしているなど、世界のトップの技術や感性を感じることができる体験もできます。

そした学校独自の制度として、卒業する時に就職が決まってなかったら、就職が決まるまで学費を免除してもらって、勉強やサポートが受けられる完全就職保証制度を導入しています。

そして転職や再就職の時には就職斡旋を受けることが出来るように15年間就職保証制度をもあるのめ、オリジナルの保証があり安心して勉強できます。

名古屋コミュニケーションアート専門学校

プロのアニメーターになるために必要な技術をしっかり組み立てられるカリキュラムを用意しているのがこちらのアニメ専門学校で、ここだからこそ勉強できる実践技術があります。

アニメーターの作画であったりアニメーションの演出、映像編集など授業を通して即戦力になるアニメーターを育てています。

3年制度になっており、1年目は見たもの頭の中でイメージしていたものを形にさるための、デッサンなどを勉強する基礎を身につけるる事がでくます。

未経験であってもしっかり基礎を勉強できます、企業プロジェクトや作品を通して、プロと同じような仕事を経験できます。

2年目は作品制作をメインに、考える力や創る力を鍛えることができます。

業界ゼミや特別講義などたくさんのクリエーターに増えることで、感性を人に伝える力やコミュニケーション能力を身につけることができます。

そして3年目は経験や実践を身につけることができます。

デビューを志望している方は出版社き持ち込みをはじめあり、作品を業界にプレゼンテーションする1年を過ごすことができます。

アメリカやロサンゼルス、パリなど海外研修もあり、視野が広がること間違いなしです。

日本では得られないような刺激をうねれますし、万全な体制で受け入れてくれるので、安心して体験ができます。

まとめ

アニメ専門学校は全国にあるので、どこにしようか悩んでいるなら設備やカリキュラムなどを判断材料にしてみてはいかかですか。

アニメ業界は狭き門なので、しっかり基礎から勉強していると業界の目に止まりやすくなります。

アニメ業界で働くスキルを習得するためには専門学校以外にも選択肢はあるのか?

アニメ業界で活躍するためのスキルを身に付けたいときにはどんな方法があるのでしょうか。

専門学校に通うのを選ぶケースが多いですが、それぞれの特徴を理解して、どの方法を選ぶのがベストなのかを考えてみましょう。

アニメのスキル習得に有効な三つの方法

アニメのスキルを学ぶには大きく分けると三つの方法があります。

各々の方法についてどんなメリットとデメリットがあるのかを確認してみましょう。

専門学校で学ぶ

アニメのスキルを学ぶ方法として人気が高いのが専門学校に通って勉強するやり方です。

専門学校の種類が豊富になってきているのが現状で、首都圏を中心としてアニメの専門学校も増えてきました。

専門学校で学ぶメリットはアニメに関する総論や基礎から包括的に学ぶことができ、現場に出たときにも即戦力になる実践的なスキルを身に付けられることです。

きちんと専門スキルとして示せるように理論から学べるのが魅力で、専門家とも専門以外の人ともスキルの価値や使い道を詳しく説明できるようになります。

専門学校ではコースが分かれていて、自分の興味があるスキルを専門的に学べるのも魅力でしょう。

実際に学んでみると入学前に興味を持っていたものよりも、他のことをやりたいと思うようになることもあります。

その際にもすぐに受講内容を切り替えて、やりたいことをできるように学んでいくことができます。

独学で習得する

独学で学ぶのはアニメのスキルを習得するときにも有効です。

イラストの描き方、アニメーションの構築技術、音響などの様々なスキルがアニメ業界では求められています。

特に網羅的に理解できていて実践的なスキルを持っていれば、自分だけでアニメを作ることもできるでしょう。

参考書やノウハウを紹介しているウェブサイトなども豊富になるので、実際にアニメを作りながら学ぶのもそれほど難しくはありません。

大変なのは確かなので独学で学べるかどうかは人によって異なりますが、費用もあまりかからず、自分のペースで進められるのはメリットでしょう。

就職して現場で働きながら勉強する

もう一つのアニメ系のスキルの習得方法として挙げられるのが就職して学ぶというものです。

アニメ業界では新卒や第二新卒のように若い人であればスキルがない人も募集しています。

その求人に応募して採用してもらうことができれば、現場で働きながら必要なスキルを学んでいくことが可能です。

あまり年齢を重ねてしまうと即戦力しか募集されていないので、就職して勉強するのは難しいでしょう。

若いうちであれば現場で働いてノウハウを教えてもらいつつ、お金も稼ぎながら成長できるので魅力的な選択肢です。

適性から考える有効な選択肢

専門学校に通う、独学をする、就職して現場で学ぶという三つの選択肢の中でどれがベストなのかと悩んでしまうかもしれません。

実は人によってどれを選ぶのが最も良いのかは異なります。

敵性から考えてどの選択肢を選んだら良いのかを考えてみましょう。

きちんと働けるスキルを習得するなら専門学校

体系的に学んでどんな現場でも活躍できるような汎用性のあるスキルを身に付けたいと思ったら専門学校に通うのがベストです。

特に自分からテキストを開いて学んだり、試行錯誤をしてスキルを習得したりするのが苦手な人にとっては学びやすい環境があります。

カリキュラムをこなして卒業した頃には一人前になれるように工夫してくれているので、安心してきちんと働けるスキルを習得できるでしょう。

半端なスキルを習得した状態で就職してしまい、失敗するようなリスクを下げたいという慎重な人にも専門学校がおすすめです。

自分のペースを守りたいなら独学

独学が向いているのは自分のペースを守ることにこだわりたい人です。

専門学校に通ったり、就職してしまったりすると、カリキュラムや事業方針に振り回されてしまいがちになります。

あくまで自分のペースでアニメのスキルを学んでいき、十分な能力を育むことができたら就職や転職をして働きたいという場合には独学が良いでしょう。

逆に急いでスキルを習得してアニメ業界で働きたいという意欲が強い人も、専門学校などの授業ペースの遅さに悩まずにスキルアップできるので独学が魅力的です。

収入にこだわりがあるなら就職

就職してから学ぶのが向いているのは収入にこだわる人です。

専門学校に通ったり、独学で学んだりするのとは違って給料を払ってもらいながら学べるからです。

現場で働けるので何が必要かを理解しやすいというメリットもあります。

漠然とアニメ業界で働きたいという考えを持っているだけの人も現場に出てみれば本当に何を担いたいのかがわかるでしょう。

まとめ

アニメ業界で働くためのスキルを習得する方法には専門学校に通う、独学で学ぶ、就職して現場で習得するという三つの選択肢があります。

体系的で汎用性が高いスキルを身につけるのには専門学校が適しているので検討してみるようにしましょう。